【後衛必見】オープンコートを作り出す配球~アレーに打とう~

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、後衛の方に向けてオープンコートの作り方を解説していきます。

オープンコートをつくることで、試合を有利に進めることができます。

また、前衛はオープンコートが広ければ、広いほど決めれる確率があります。

それでは、【後衛必見】オープンコートを作り出す配球~アレーに打とう~のスタートです。

ストロークのコントロールをつけるためには、この記事を参考にしてみてください↓

【コントロールアップ】サーブ、ストロークのコースの狙い方と注意点!

はじめに

オープンコートとは、空いているコートのことです。

画像で説明すると、

赤い●が相手で、赤い□の部分がオープンコートです。

前衛も後衛もいないコースという認識で大丈夫です。ソフトテニスは、いかに相手にとって嫌なコースを狙えるかが勝負の中で大切です。オープンコートを狙うことも大切ですが、オープンコートを作り出す配球ができるようになるといいですね。

 この記事はこんな方におすすめ!

・後衛なんだけど試合中にどこに打てばいいか分からない

・ストロークをミスなく打てるようになったけど次はどうすればいいの?

 

オープンコートをつくるメリット

オープンコートをつくるメリットは、

  • 前衛が決めやすい
  • 相手が迷う

前衛が決めやすい

画像のように後衛がアレーを狙うとオープンコート(赤い□の部分)ができます。前衛はボレーをするときに、オープンコートを狙うことができれば決めれる確率が高くなります。

相手が迷う

オープンコートをつくるために1球アレーに打ちこんで、前衛が決めるというパターンを持っていると、相手の後衛は、またアレーを狙われるのではないかと迷います。また、前衛に決められていることから返球の時でも、前衛が気になってしまうことが多いです。

オープンコートをつくる練習

それでは、実際にオープンコートをつくる練習を紹介していきます。

4本打ち(手出し)

オープンコートをつくる練習としてアレーにコントロールして打つ練習です。

青●はクロス、赤●は逆クロスです。

  • ①左のアレー
  • ②右のアレー
  • ③左のアレー(回り込み)
  • ④右のアレー(回り込み)

最初は、1つのコースずつ練習して確実にアレーに打てるようになりましょう。慣れてきたら①②③④と連続で打ちましょう。連続で打つことで打ってからの準備を早くさせる効果と、走りながら瞬時にコースを考える練習にもなります。

もっと慣れたら、⑤左のアレー(バック)⑥右のアレー(バック)を追加してみましょう。

手出しの4本打ち(6本打ち)を紹介しましたが、ラケット出しにするとより実戦的になります。

まとめ

オープンコートとは

  • 相手のコートの空いているところ

オープンコートをつくるメリット

  • 前衛が決めやすい
  • 相手が迷う

後衛の方は、相手の目の前に打ってしまうのではなく、どう打てばオープンコートを作ることができるかを考えて配球できるようになりましょう。

オープンコートを作る一つの例がアレーに打ち込むことです。相手をコートの外へ出してしまえば、相手の守備力は下がってしまいます。ダブル後衛が相手の時は、いかにオープンコートを作って前衛が決めれるかが重要になります。

今回の記事を参考に練習に取り組んでみてください!

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です