強風でも打てる!クイックサーブのコツと打ち方

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、クイックサーブについて解説をしていきます。

クイックサーブが打てるようになると、強風の時でも安定してサーブを打つことができます。

また、通常のサーブとタイミングが違うので通常のサーブと打ち分けることで相手にとって返しづらいサーブにもなります。

それでは、強風でも打てる!クイックサーブのコツと打ち方のスタートです。

サーブの基本はこちらの記事でも解説しています↓

【前編】これでサーブは完璧?サーブが上達する10個のポイント!

はじめに

クイックサーブとは、スピードが速いサーブのことではありません。

サーブの無駄をなくし、打つテンポが速いサーブのことです。

クイックサーブを打てるようになることで、風の影響を受けづらい、相手の意表をつくことができるサーブを打つことができます。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 風の強い日でも安定したサーブを打ちたい!
  • サーブのバリエーションを増やしたい!

クイックサーブのメリット

風の影響を受けにくい

サーブを打つときに風の影響を受けるタイミングは2つあります。

それは、トスを上げる時サーブを打ってからサービスコートに入るまでです。

クイックサーブにすることで、トスが風でぶれてしまうことを防げます。

トスは、高ければ高いほど風の影響を受けます。クイックサーブでは、通常のサーブより低いトスで打つことができるので風の影響をあまり受けずに打つことができます。

サーブのバリエーションが増やせる

簡単にサービスエースをとる方法!

この記事でも紹介しているように、速いサーブだけが試合にとって有効とは限りません。

相手の意表をつくことでサービスエースを取ることができます。

クイックサーブでは、通常のサーブよりも早いタイミングで打つことができます。相手からすれば、タイミングをずらされることになりサービスエースやレシーブミスを誘うことができます。

サーブのバリエーションを増やすことで、相手にとって返しづらいサーブになり試合を有利に進めることができます。

クイックサーブのデメリット

クイックサーブとは、無駄のないフォームでサーブを打つということです。

無駄のないとは、

  • トスが低い
  • テイクバックはコンパクト
  • 力をためる時間も短く

これらの無駄を排除したサーブがクイックサーブです。

つまり、クイックサーブにするということは、サーブのフォームを改造するということです。

フォーム改造には、時間がかかったり、試したけど結局自分には合わないといったデメリットが存在します。

この記事を読んで、打てそうだなと思った方だけクイックサーブを試してみてください。

クイックサーブの打ち方

それでは、クイックサーブの打ち方について解説をしていきます。

クイックサーブの打ち方で注意すべき点は、トス、テイクバック、身体の使い方と3つあります。

クイックサーブのトス

クイックサーブのトスは、通常のサーブよりも低く、前方にあげましょう。

トスの高さは、自分がインパクトする場所のほんの少しだけ上にあげます。

また、トスを上げるのと同時に、体全体でタメを作りましょう。

通常のサーブでは、トス→力をためる→インパクトですが、クイックサーブでは、トスを上げながら力をためる→インパクトとなります。

クイックサーブのテイクバック

ここで気を付けてほしいのが、テイクバックを下から引いてしまうとインパクトまで間に合いません。

テイクバックは、上から引くか、あらかじめ引いている状態でトスをあげましょう。

*テイクバックができている状態とは:ラケットを持った利き手が耳の横に来ている状態です。

身体の使い方~上半身~

トスのところでも説明したように、トスを上げながら力をためなければなりません。

上半身の使い方としては、トスを上げながら上体をねじるようにします。ねじる目安としては、打ちたいコースに右肩と左肩の延長線が来るくらいねじりましょう。

インパクトまでに上半身のタメが完成していないとサーブを打つことができません。

身体の使い方~下半身~

下半身も同じようにインパクトまでに力をためておきましょう。

コツとしては、トスを上げる前から膝を曲げておく、トスを上げたらすぐに右足を左足にくっつけるようにすると力をためやすいです。

まとめ

クイックサーブのメリット

  • 風の影響を受けにくい
  • 速いテンポで打つことができるので相手は返しづらい

クイックサーブのデメリット

  • 無駄のないフォームへの改造が必要
  • 勇気がいる

クイックサーブの注意点

  • トスは低く、前方に
  • テイクバックは、最短になるように
  • トスを上げながら身体全体で力をためる

いかがでしたでしょうか。

通常のサーブでは、トスを上げて最高点から打点までの間でタメを作りインパクトとなりますが、クイックサーブでは、トスを低く上げて最高点(=打点)に到達するまでに力をためきってインパクトとなります。

クイックサーブを習得できれば、様々なメリットがあります。興味がある人は是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です