ソフトテニスが上手くなる高強度インターバルトレーニングHIIT

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、ソフトテニスが上手くなる高強度インターバルトレーニングについて解説していきます。

高強度インターバルトレーニングを取り入れることで、短時間で運動能力を向上させることができます。

練習間のアップなどに取り入れてみてください。

それでは、ソフトテニスが上手くなる高強度インターバルトレーニングHIITのスタートです。

コーディネーショントレーニングと組み合わせることで効果アップを狙おう!コーディネーショントレーニングはこちらから↓

運動神経の正体!コーディネーショントレーニングとは?

高強度インターバルトレーニングHIITとは

高強度インターバルトレーニングHIITとは、短時間に負荷の高いトレーニングを不完全回復を挟みながら行うトレーニングです。

20秒間トレーニングを行う→10秒の休息→20秒間トレーニングを行う→10秒の休息のように繰り返していきます。

繰り返す回数は特に決まっていませんが、トレーニングと休息を1セットとし8~10セット行うようにしています。

練習メニューとしては、無酸素運動系の負荷の高いトレーニングを4~5種類用意してください。

無酸素運動とは、ダッシュや筋力トレーニングなど大きな筋肉を使う運動のことです。

高強度インターバルトレーニングをやってみよう

それでは、実際に練習で取り入れている高強度インターバルトレーニングの具体例を紹介していきます。

前後ジャンプ→前後ステップ→左右ジャンプ→左右ステップ

これは比較的カンタンなトレーニングです。トレーニングを行う選手の力を見て、更に強度の高いトレーニングを行ってみてください。

瞬発力を高める高強度インターバルトレーニングについて、過去にまとめた記事があるので、参考にしてみてください。

【動画で解説】瞬発力を高めよう!この時期におすすめのサーキットトレーニング

まとめ

高強度インターバルトレーニングとは、負荷の高い練習を不完全回復を挟みながら、回数を重ねて行うトレーニングのことで、短時間で手軽に行うことのできるトレーニングです。

練習前のアップや、雨の日のトレーニングに取り入れてみてください。

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です