前衛の駆け引き①~どんなボールが来やすいか?~

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、前衛の駆け引きについて

前衛だけど試合中何もできていない、どう動けばいいか分からない方は、まずこれを理解しましょう。

それでは、前衛の駆け引き①のスタートです。

はじめに

前衛の駆け引きの前に、まずは正しくポジションに入れるようにしましょう。

前衛のポジションについてはこちらの記事から

【前衛必見】正しいポジションの取り方

ポジションが理解できたら、、、

相手が打ちやすいのはどんなボール?

さあ、ポジションが理解できたらボールを取りに行きましょう!

といっても、どんなボールが来るか分からないよ?抜かれたらどうするの?と思う方がたくさんいると思います。

それでは、どんなボールが来やすいのか考えてみましょう。

みなさん、乱打をしているときを想像してみてください。

クロスのボールはクロス、シュートボールはシュートボール、ロブはロブで返していませんか?

一般的には、同じコース、同じ種類のボールで返す方がミスが少なくなります。

ミスが少ない、つまり相手が打ちやすボールとなります。

なので、自分の後衛がクロスにシュートボールを打ったら、クロスのポーチボレー、コースを変えるロブを打ったらスマッシュを狙ってみましょう。

まとめ

前衛の駆け引きの第一歩として、まずは、一般的には、同じコース、同じ種類のボールで返す方がミスが少なく、相手に取って打ちやすいボールということを理解しましょう。

↓の記事でも書いてある通り、直感とヤマ勘は違います。

【勘じゃないよ直感だよ】ソフトテニスで使える直感力を高める方法

まずは、ヤマ勘でいいので行動をしてみましょう。失敗したら次を気を付ければいいんです!たくさん失敗して自分の直感を鍛えましょう!

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です