【初心者向け】サーブが打ちやすいトスの上げ方

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、初心者向けにサーブのトスについて解説をしていきます。

サーブを正確に打つには、トスが非常に大切です。今回の記事を参考にしてサーブが打ちやすいトスを上げれるようになりましょう。

それでは、【初心者向け】サーブが打ちやすいトスの上げ方のスタートです。

初心者向けのサーブは、こちらでも解説しています。

 

はじめに

最初にも書いたように、正確なサーブを打つためには、正確なトスを上げることが大切です。

今回の記事では、ボールの持ち方、トスを上げるときの位置、ボールを離す高さ、トスの高さと4つのポイントに沿って解説をしていきます。参考にしてみてください。

トス~ボールの持ち方~

まずは、ボールの持ち方です。

  • トスを上げる手を軽く曲げるように広げる
  • ボールを親指以外の指の付け根に置く
  • 親指でボールの横側を支えてあげる

以上がボールの正しい持ち方です。

ボールを握ったままトスを上げると、指の力加減が均等にならないとまっすぐ上がらないので、握ったりしないようにしましょう。

トス~ボールを上げる位置~

続いて、ボールを上げる位置についてです。

トスはまっすぐ上げるのが一番安定し効率がいいです。そのため、ここで打ちたいという打点の真下からトスを上げるようにしましょう。

よくある間違いは、トスを上げる手が身体の右側になってしまう間違いです。基本的にサーブは、横から打つのではなく、身体の前面で打ちます。なので、ボールを上げる手は、身体の前面に持ってきましょう。

トス~ボールを離す高さ~

続いて、ボールを離す高さについてです。

ボールが手から離れるタイミングが遅かったり早かったりするとトスが安定しないので、注意してください。

基本的には、目線の高さでボールを離すとまっすぐトスを上げることができます。

目線の高さよりも下でトスを上げると、前の方に、目線の高さよりも上でトスを上げると、後の方にトスが上がってしまいます。

トスの安定=サーブの安定です。

トス~ボールの高さ~

続いて、トスのボールの高さについてです。

トスのボールが低いと、打点が低くなりやすくなってしまいます。逆に高すぎると、打つタイミングが難しくなり打点が低くなってしまいます。

トスの高さの理想は、サーブの打点からラケット一本分高く上げるのが理想的な高さです。

トスを上げてから下半身のタメを作ってから打つとリズムよく打つことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ソフトテニスにおいて大切な技術がサーブです。サーブで大切なのは、正しいトスを上げることです。

正しいトスを上げるコツ

  • ボールの持ち方
  • トスを上げるときの位置
  • ボールを離す高さ
  • トスの高さ

ボールの持ち方

わしづかみに持つのではなく、手のひらにのせて親指で支えてあげる

トスを上げる位置

打点の真下から上げる

ボールを離す高さ

目線の高さでボールを離す。目線より低いところで離すと前に、高いところで離すと後にボールが上がる。

トスの高さ

打点よりもラケット1本分高く上げる。下半身のタメを作ろう。

サーブはソフトテニスで唯一、自分のタイミングで打てるプレーです。焦らず丁寧にサーブが打てるように正しいトスを上げましょう。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です