正しいドライブ回転をかけよう!

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、正しいドライブ回転のかけ方について解説をしていきます。

雨の日など湿度が高い日にドライブ回転をかけすぎてしまうとバックアウトなどミスが多くなってしまいます。

正しいドライブ回転のかけ方を身につけていきましょう。

それでは、正しいドライブ回転をかけよう!のスタートです。

はじめに

ドライブ回転をかけようと書いてありますが、正確には、正しいスイングをすればドライブ回転は自然にかかります。

この記事では、正しいスイングをするために気を付けるべきことと、ボールにドライブ回転がかからない方、かかりすぎている方に焦点を当てて解説をしていきます。

この記事を読むことで、ドライブ回転の仕組み、正しいドライブ回転をかける方法が分かります。

ドライブ回転とは

そもそもドライブ回転とは、何でしょうか?

ドライブ回転とは、順回転ともいい、ボールに対して下から上に、手前から奥にかかる回転のことです。(下図参照)

このドライブ回転をかけることでネットを越えて落ちる、コートに収まるボールを打つことができます。

ドライブ回転がかかりすぎると、、、浅いボールになってしまう、湿度が高い日にはコントロールが難しい

ドライブ回転がかからないと、、、コートに収まらずにバックアウトが多くなってしまいます

ただ、ショートクロスに打つときなど状況次第では、ドライブ回転をかけることもあるので注意してください。

正しいドライブ回転をかけるためには、正しいスイングを身につけよう

ストロークの基本はこちらで解説しています↓

ストロークの基本を身につけよう!~フォアハンドストローク~

ストロークの基本を身につけよう!~バックハンドストローク~

その中でも、自然にドライブ回転をかけるために注意して欲しいのが、インパクトフォロースルーです。

インパクト

インパクトとは、ラケットがボールに当たる瞬間のことをいいます。

この時に、ラケットの面がぐちゃぐちゃだと自然とドライブ回転をかけることが難しくなってしまいます。

注意して欲しい点は、インパクト時のラケット面の向きと力の入れ方です。

ラケット面はネットと平行になるようにしましょう。ボールの真後ろを打つようにするとラケット面を平行にできます。

力の入れ方については、インパクトの瞬間のみラケットを握る力を強くしましょう。テイクバックからフォロースルーまで力を入れている方もいますが、それでは、インパクトのラケット面が正しくない場合が多いです。

フォロースルー

正しいドライブ回転をかけるためにも、フォロースルーはとても大切です。

試しにボールを打つときに、フォロースルーを全くしない、半分まで、手首を首に当てるまですると3種類行ってみてください。手首を首に当てるまでフォロースルーをすることでしっかりドライブ回転がかかることを実感していただけると思います。

ドライブ回転がかからない方、かかりすぎてしまう方

スイング時に見直すポイントは、テイクバック、インパクト時のラケット面の向き、フォロースルーです。

テイクバック

テイクバックの時の手首を見直しましょう。手のひらが自分の真後ろに向くようにテイクバックができているか確認してみましょう。自分の右側に向いてしまう場合は、スライス回転がかかりやすくなってしまいます。

インパクトのラケット面の向き

ネットと平行になっているか確認しましょう。スイング開始時に力んでしまうと、面の向きが安定しません。力まずにテイクバックをするためには、利き腕だけでテイクバックをしないことです。右利きの場合は、左腕を前から体の横に動かすことで自然とテイクバックができます。

フォロースルー

フォロースルーが途中で止まっていないか確認しましょう。ラケットをしっかり振り切ることで自然とドライブ回転がかかります。

まとめ

正しいドライブ回転をかけるためには

✖ドライブ回転をかける→〇ドライブ回転は勝手にかかるものという認識を持ちましょう。正しいスイングをすれば、勝手にドライブ回転がかかります。

スイングで注意するべき点は、

  1. テイクバックの手のひらの向き
  2. インパクト時のラケット面の向き
  3. インパクトの時のみ力を入れる
  4. フォロースルーを最後まで行う

 

試合など緊迫した場面では、ミスを修正することは難しいです。しかし、正しいドライブ回転をかける方法という知識を持っていれば、試合中でも自分のミスに気づき、修正することができます。

試合中でもコーチングを受けることができますが、コーチングで気づくよりも、自分で気づき、修正をすることができれば、より試合を有利に進めることができます。

今回の記事を参考に正しいドライブ回転をかけれるようになりましょう。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です