【初心者向け】ウエスタングリップで打つサーブ

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、初心者向けに比較的簡単に打つことができるサーブの解説をしていきます。

まずは、上からボールを打つことに慣れていきましょう。

それでは、【初心者向け】ウエスタングリップで打つサーブのスタートです。

サーブの基本はこちらでも解説しています。

【前編】これでサーブは完璧?サーブが上達する10個のポイント!

【後編】これでサーブは完璧?サーブが上達する10個のポイント!

はじめに

ソフトテニスの試合は、サーブから始まります。このサーブを上手く打てるか、打てないかで試合が有利に進むのか、不利になってしまうのか変わってきます。

この記事を読んで練習すると、上から打つサーブを身につけることができます。初心者の方は、上から打つサーブに慣れるための練習です。この練習に慣れたら、セミイースタン、イースタングリップで打つサーブをマスターしましょう。

ウエスタングリップで打つサーブもセカンドサーブとして使えますよ!

今回紹介する内容は、初心者向けに簡略化したサーブです。中級者、上級者の方は、別の記事を参考にしてください。

ウエスタングリップとは

ウエスタングリップとは、ストロークを打つときのグリップのことで、ラケットを地面に置いて上から握るようにして持ちます。

セミイースタンやイースタングリップに比べると、手首の可動域(動く範囲)が小さいので、より安定したサーブを打つことができます。その反面、サーブの威力は出にくいサーブとなります。

サーブの威力よりも、コントロール、確率を重視したい方には、おすすめのグリップです。

ウエスタングリップでサーブを打つメリット

ウエスタングリップでサーブを打つメリットは、

  • コントロールがしやすい
  • 入る確率が高くなる
  • ラケット操作がかんたん
  • 上から打つことに慣れることができる

ウエスタングリップでサーブを打つデメリット

ウエスタングリップでサーブを打つデメリットは、

  • 威力がないのでレシーブで攻められる

ウエスタングリップでサーブを打つとメリットも多いですが、相手のレシーブで攻められてしまうデメリットもあります。初心者同士の試合では、サーブが入るだけで有利に進められるので良いですが、周りのレベルが上がってくるとウエスタングリップでのサーブは不利になるかもしれません。

それでは、続いてウエスタングリップで打つサーブの打ち方について解説をしていきます。

ウエスタングリップで打つサーブ

ウエスタングリップで打つサーブの打ち方は

  1. 打ちたい方向に身体の正面が向くように立つ
  2. 右利きの場合は、右足を半歩後にひく
  3. 右手は、耳の高さ、グリップエンド(ラケットの一番下、メーカーマーク)が打つ方向に向くようにラケットを持つ
  4. 左手(トスを上げる手)は、右斜め前に伸ばす
  5. トスを上げて、ボールを打つ
  6. ラケットにボールが当たる時に、ラケット面が打ちたい方向に向くように当てる
  7. 当たったあとは、ラケットを振りぬかず、止めるようにすると安定する

最初はベースラインではなくサービスラインから打つと感覚を身につけやすいです。慣れてきたら徐々に下がって打っていきましょう。ラケット面の向きを考えながら打つと入る確率が上がってきます。

ウエスタングリップで打つサーブの注意点

ウエスタングリップは、手首の可動域が小さいので打点がずれてしまうと安定したサーブが打てません。打点は、自分の右肩の少し前を意識しましょう。トスが左右にぶれてしまわないように、打ちたい場所の下からトスを上げるようにしましょう。

また、ウエスタングリップで速いサーブを打とうと、ラケットを思いっきり振ってしまうと、ひじや肩に負担がかかってしまいケガにつながる危険性があります。速いサーブが打ちたい場合は、セミイースタン、イースタングリップでのサーブに挑戦してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、初心者向けにウエスタングリップで打つサーブを紹介しました。上からボールを打つことにまだ慣れていないうちは、簡単に打てるウエスタングリップで打つサーブがおすすめです。

ウエスタングリップで打つサーブのメリット

  • コントロールがしやすい
  • 入る確率が高くなる
  • ラケット操作がかんたん
  • 上から打つことに慣れることができる

ウエスタングリップで打つサーブのデメリット

  • 威力がないのでレシーブで攻められる

ウエスタングリップで打つサーブの打ち方

  1. 打ちたい方向に身体の正面が向くように立つ
  2. 右利きの場合は、右足を半歩後にひく
  3. 右手は、耳の高さ、グリップエンド(ラケットの一番下、メーカーマーク)が打つ方向に向くようにラケットを持つ
  4. 左手(トスを上げる手)は、右斜め前に伸ばす
  5. トスを上げて、ボールを打つ
  6. ラケットにボールが当たる時に、ラケット面が打ちたい方向に向くように当てる
  7. 当たったあとは、ラケットを振りぬかず、止めるようにすると安定する

ウエスタングリップで打つサーブは、初心者のうちは有効に使うことができますが、サーブに慣れてきたらセミイースタン、イースタングリップで打つサーブにも挑戦してみましょう。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です