【前衛必見】ボレーの基本を身につけよう~ローボレー編~

スポンサーリンク



こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回の記事では、前衛のプレイの基本である、ローボレーの解説をしていきます。

それでは、【前衛必見】ボレーの基本を身につけよう~ローボレー編~のスタートです。

ボレーの基本を身につけよう~正面ボレー~はこちらから!

あなたの欲しいがきっと見つかる!取扱商品40,000点以上!詳しくは下記ページへGO


 

はじめに

みなさんに質問です。ローボレーは、守りのボレーでしょうか?攻めのボレーでしょうか?

ネットから離れて行うため守りのボレーだと勘違いしている方も多いと思いますが、ローボレーは攻めのボレーです。

詳しく解説をすると、上級者の乱打では、自分のコートのベースラインから相手のコートのベースラインまで1秒くらいで乱打をします。つまり1ラリー2秒です。

自分が打ってから2秒後には、ボールが来ている状態で、それまでに次のボールの準備をしなければなりません。

勘のいい方ならもうお分かりだと思います。

ローボレーをされることで、この2秒が1秒弱くらいになります。次のボールの準備の時間を減らされるプレーになるわけです。

後衛は、オープンコート、相手前衛のポジション、駆け引き、自分の前衛の動きを考えながらプレーをしなくてはならないので、準備の時間が削られることで十分なボールを打つことができませんよね。

『相手の時間を奪うこと=攻めること』

この考えを頭に入れて今回の記事を読んでください。

 

(1) ラケット操作の仕方

ラケットの持ち方

ボレー同様にラケットは両手で持ちましょう。左手は、いちょうの部分で軽く支えてあげるように持ちます。

テイクバック

テイクバックは、コンパクトに!ローボレーは速いボールを処理することが多いです。大きくテイクバックしてしまうと振り遅れてしまいます。軽く引くだけにしましょう。

インパクト

緩いボールはラケット面を少し上向きに、速いボールはラケット面をネットと平行になるようにしましょう。

フォロースルー

打ちたい方向にラケット面を残しましょう。

振りぬいてしまわないことが大切です。

 

ここで注意してほしいのは、手首でコントロールしないようにしましょう。

手首でコントロールしてしまうと、毎回当たるポイントが変わってしまうのでネットやアウトの原因になってしまいます。

ネットやアウトのミスが多い場合は、手首で操作していないか確認してください。

 

(2) 足の使い方

フォアボレー

右足が軸足です。つま先が横を向くようにセットしましょう。

軸足を決めたら体重をのせましょう。このとき、目線がボールに近くなるようにひざを曲げましょう。ローボレーは、低いボールを処理するため打点と目が遠くなりがちです。この距離が近ければ近いほどミスのないプレーをすることができます。

インパクトと同時に左足を前に出していきましょう。

バックボレー

フォアボレーと同様です。軸足と送り足が逆になるので、注意してください。

バックのローボレーは、利き手が前に来るので振り遅れてしまうとほぼミスをしてしまいます。

フォアボレーよりも前でさばけるようにしましょう。

遠いボールの処理の仕方

ローボレーは、近くのボールを処理することが多いですが、相手の駆け引きの中で遠くのボールも取りに行くと思います。

その時の注意点としては、

サイドステップをすることと目線を上下させないことです。

駆け引きをしてローボレーで決められる前衛になれるといいですね。

 

(3) ドライブ回転のかけ方

ローボレーは、ネットより低いボールを処理します。

ネットしないように打つとアウトしやすそうじゃないですか?実際に私の教え子で試したところ、ネットしないように打つとほぼアウトしていました。それは、ボールにドライブ回転がかかっていないからです。

それでは、どうやってドライブ回転をかけるか解説していきます。

インパクトの時にグリップを握る

実際にラケットを持ってみてください。

グリップを緩める→グリップを握るを繰り返してください!

ラケットの面が動くと思います。インパクトの時にこの動作をすることでラケットの面が動きドライブ回転がかかります。

フォロースルーは上に

インパクトしたところでラケットを止めてしまうと回転がかからないフラットな打球になってしまいます。

インパクトから少しだけ上に振りぬくようにしましょう。ラケット面は、打ちたい方向に残すことも意識してくださいね。

まとめ

(1) ローボレーは、攻めのボレー

(2) ラケット操作の仕方

(3) 足の使い方

(4) フォロースルー

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?今回は、ローボレーの基本をお伝えしました。

前衛の主なプレーは、ストローク→ローボレー→ボレーorスマッシュです。

ネットにつく前にミスをしてしまっては、もったいないですよね。確実に相手のコートに返せる技術を身につけましょう。

ローボレーが苦手な方は、たくさんいると思います。サーブやボレーに比べて練習時間が短いプレーです。たくさん練習することが上達につながってきます。たくさん練習をしていきましょう。

 

かっこいい、かわいいアイテムでモチベーションアップ!やる気を引き出そう!


 

 

 

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です