【前衛必見】後衛から見る前衛にして欲しくないこと

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回の記事では、後衛から見て前衛にして欲しくないことをまとめていきます。

この記事を参考にして、後衛から見ても頼もしい前衛になれるように頑張っていきましょう。

それでは、【前衛必見】後衛から見る前衛にして欲しくないことのスタートです。

前衛の育て方と優先順位については、こちらの記事も参考にしてみてください。

前衛の育て方~優先順位と練習方法~

はじめに

ソフトテニスは一人ではできないスポーツです(シングルスは除きます)。

できることなら、お互いに助け合って、高めあっていけるといいですよね。

後衛から見て、前衛にしてほしくないことはたくさんあります。

今回の記事では、そんなしてほしくないことに焦点を当てていこうとおもいます。

前衛にしてほしくないこと

こんなミスはしないようにしよう

  1. レシーブのミス
  2. ベースライン近くでのストロークミス
  3. 取りに行く素振りを見せて取らない
  4. 自分のミスを人や物のせいにする

前衛はあくまでもネットプレーヤーです。ネットにつくまでにミスをしてしまっては、元も子もないですよね。

どうせミスしてしまうなら今後に活かせるプレーの方がいいですよね。

前衛のこんなミスは多めに見て

前衛は後衛に比べて、できるようにならないといけないことが大変多いです。スマッシュやボレーなどのネットプレイですね。

私も前衛なので前衛の大変さはよく知っています。

そんな私が、こんなミス許してあげてということを紹介していきます。

  1. 読みを間違えて逆に打たれてしまった
  2. 展開を変えるロブを追ってスマッシュミスをしてしまった
  3. アタック止め

前衛のミスの中でも、相手に印象を与えられるようなプレーでのミスならば、仕方ないこともあります。

展開を変えるような深いロブを追ってスマッシュをしたけどアウト、ネットをしてしまった。このようなミスは、積極的なミスなので今後に期待というところでしょうか。

相手からすると、深いロブを打たなきゃ取られてしまうと意識づけできます。

アタック止めに関しては、後衛に非があることもあります。セカンドサーブが浅く高くなってしまっては、どうしようもないんです笑

まとめ

やっちゃいけないミス

  1. レシーブのミス
  2. ベースライン近くでのストロークミス
  3. 取りに行く素振りを見せて取らない
  4. 自分のミスを人や物のせいにする

このミスは今後に期待

  1. 読みを間違えて逆に打たれてしまった
  2. 展開を変えるロブを追ってスマッシュミスをしてしまった
  3. アタック止め

前衛を育てるのは後衛、後衛を育てるのは前衛の仕事です。

ダメなミスにはしっかりと注意して、成長を感じさせそうなミスには、激励を送りましょう。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です