ストロークの打点を矯正する方法~フォアハンドストローク~

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、フォアハンドストロークの打点について解説していきます。

選手を指導するにあたって、適切な打点を教えることは大切です。

選手のみなさんも自分が正しい打点で打てているか確認してみましょう!

それでは、ストロークの打点を矯正する方法~フォアハンドストローク~のスタートです。

フォアハンドストロークの基本はこちらで解説しています!

はじめに

ソフトテニスでは、ネットを挟んで遠い場所にボールを狙いますが、

インパクトの打点が数センチずれてしまうと、相手のコートでは、数メートルずれてしまいます。

それだけインパクトの打点というのは大切です。

正しい打点で打てているかこの記事を読んで確認してみてください。

打点の位置はどこ?

フォアハンドストロークの場合、正しい打点はどこになるでしょうか?

正解は、踏み込んだ足(右利きなら左足)のつま先の延長線上です。

画像は、点線が踏み込んだ足、実線が軸足です。踏み込んだ足のつま先の延長線上にラケットの面が来ていることが分かると思います。

実際に、軸足をつくり、テイクバックをして、踏み込んだ状態で構えて、

①左足の前、②体の中心の前、③右足の前と3種類のボールを打ち分けてみましょう。

足を固定して打つと、左足の前に出されたボール以外は、まともに打つことができません。

この練習を行うことで正しい打点を知ることができます。

次にどうやったらいつも同じ打点で打てるのかを解説していきます。

左足の前で打ってみよう

正しい打点を理解することができましたね?

正しい打点で打つためには、正しく打点に入る必要があります。

その時に活躍するのが左手です。

左手を伸ばしたところでボールをキャッチすることができれば正しく打点に入ることができます。

注意点として、左手をまっすぐ伸ばすこと、左足のつま先の方向へ伸ばすことに注意してみてください。

それでも正しい打点に入れない場合は、人差し指でボールを指さしてみましょう。

球出しされたボールを指さし、人差し指が横にくるタイミングで打つことができれば正しい打点で打つことができます。

左手を使うことで、肩が入ります。肩が入ることで相手にコースを読まれなくなる、体の回転を利用して力強いボールを打つことができるといったメリットもあるので、ストロークを打つ時は、左手も意識しましょう!

まとめ

今回は、フォアハンドストロークの打点について解説しました。

冒頭でも述べたように、打点が少しずれてしまうだけで、狙い通りにコートへ打つことができません。

まず正しい打点について知ること、どうやったら正しい打点で打てるのか意識して練習に取り組みましょう。

 

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です