【攻撃は最大の防御】シングルス練習で後衛に必要な能力を身につけよう!

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、後衛のゲーム展開練習について解説していきます。

試合に勝つ基本的な考え方でも解説しましたが、自分は攻めること、相手から攻められないようにすることが試合では大切です。

シングルス練習を通して、攻めること、攻められないことを身につけていきましょう。

それでは、【攻撃は最大の防御】シングルス練習で後衛に必要な能力を身につけよう!のスタートです。

はじめに

後衛は、ミスをせずに攻めることと相手から攻められないようにすることが大切です。

後衛がミスをしてしまっては、前衛が駆け引きをする間もなく試合が終わってしまいます。

ミスなく打てることがまず第一条件です。

シングルス練習でもネットやアウトはしないようにしましょう。

この練習では、画像のように青枠の中でのみラリーを行います。

試合形式で練習をすると、選手のモチベーション向上にもつながります。

 

相手に攻められないようにしよう

自分が攻めるときは、どのような時ですか?

たいていの場合は、自分が余裕を持って打てる時です。

なので相手に攻められないようにするためには、相手が余裕を持って打つことができない状況にすることが大切です。

 

自分が攻めるためには?

まず試合の主導権を握ることが大切です。常に攻める気持ちを持つことを覚えておきましょう!

主導権を握るためには、サーブ、レシーブで攻めることが大切です。

ファーストサーブの確率、コントロール、威力を高めたり、レシーブを狙い通りのコースに打てるようにしましょう!

 

試合のラリーが始まったら

打ち合いの中で相手の嫌がるコースを狙っていきましょう!

例えば短いボールを使ったりオープンコートを狙うことで相手を動かすことができます。動きながら打つと攻めることが難しくなるので相手に攻められることが少なくなります。

日常生活では、自分がやられて嫌なことは、相手にしてはいけないですが、ソフトテニスでは、自分がやられて嫌なことを相手にしてやりましょう。

まとめ

後衛の試合での役割は、第一にミスをしないことです。相手より先にミスをしてしまうことで前衛が駆け引きを行うことができなくなってしまいます。

そして、ミスなく打てるようになったら、左右のコースを狙ったり、短いボールで相手を揺さぶったりしましょう。

ソフトテニスは、優しい性格だと勝つのが難しいです。練習の時や試合の時は、嫌われるくらい徹底的に相手の嫌なことをしていきましょう!

試合中の前衛の役割はこちらで解説しています!

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です