ボレーをミスしてしまう原因は?ネット、アウト、空振りなど




こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、ボレーのミスしてしまう原因と解決策について解説していきます。

それでは、ボレーをミスしてしまう原因は?のスタートです。

フォアボレーの基本は、こちらから!

バックボレーの基本は、こちらから!

はじめに

前衛なら相手の後衛と駆け引きをしてボレーを決めていくものですが、できるならミスなく一発で決めれるボレーをすることが理想ですよね?

せっかく取りに行ったのにミスをしてしまうと、次もミスしたらどうしようと不安になってしまいます。試合中に不安になってしまうと弱気なプレーが目立ち、勝てる相手でも負けてしまう可能性があります。

でも安心してください!してもいいミスもあります!

それは、相手の印象に残るプレーでのミスです。

例えば試合の1ポイント目、、、味方の後衛がサーブをしてクロスレシーブをランニングボレー

相手にとっては、「あの前衛は、積極的にボレーをしてくるな」と印象づけることができます。

前衛で大切なのは、相手の前衛よりもボールに触ることとプラスマイナスプラスのプレーをすることです。最終的にポイントした数がミスよりも多ければオッケーです!

とはいえ、ミスは少ないほうがいいですよね?ここでは、ミスをしてしまう主な原因と解決策を書いていきます。

ミスをしたときに参考にしてみてください。

ネットをしてしまう

ネットは、ボレーをする位置がネットから遠い、ラケット面が正しくないなどの原因があります。

解決策としては、ネットの近くでボレーをするためにステップを見直しましょう。

ボレーは、ポジションからネットまで直線的に入るのではなく曲線を描きながら入るといいです。

ネットから遠くでボレーをしなくてはならない場面もあると思いますが、そのときは、インパクトでグリップを握ることをしっかり意識してみてください。

またラケットの面をかぶせすぎてしまうとネットしやすいので、打ちたいコースにラケットの面が向くように調整してみましょう。

アウトしてしまう

ラケットを振ってしまっている、ラケット面が正しく使えないなどの原因でアウトをしてしまいます。

解決策としては、ボレー時のラケット操作の仕方を見直しましょう。

ラケットを持つ時に必ず両手で持つように心がけてください。持ち方としては、グリップ、左ひじ、体の面、右ひじで5角形になるように持ちましょう。

片手で持ってしまうと、利き手だけに力が入ってしまい、反応が遅くなってしまう、慌ててラケットを出すのでついラケットを振ってしまいがちになります。

左手をラケットのいちょうの部分を持ちボールが右に来たら左手で右に、左に来たら左手で左にと動かすことで無駄な力が入ることを防いでくれます。

また、ラケット面が上を向いてしまうとアウトしやすくなってしまいますので、インパクトの時に、手首がラケットヘッドより前に行かないように注意してボレーをしてみてください。

空振りをしてしまう

空振りをしてしまうのには、ラケットを片手で操作していること、ボールを最後まで見ていないことが原因です。

解決策としては、先ほど同様にラケットを操作するときは、両手で持つことを意識してください。

空振りをなくすことは、最後までボールを見ることが大切ですが、どうして最後までボールを見れていないのでしょうか?

相手のポジションの確認不足と練習不足や油断など様々な要因があると思いますので、ひとつずつ掘り下げて解説していこうと思います。

相手ポジションの確認不足

ボレーはできれば一発で決めれることが理想です。なので前衛の足元や空いているコートを狙うことが基本ですが、ここを意識するあまりボールに意識がいっていないことが多くみられます。(私の教え子の場合ですが、、、)

それでは、相手のポジションとボールどちらも見るのに大切な能力は何でしょう?

 

それは、動体視力です。速いテンポでの試合では、動いているものを正確に把握する能力が必要になってきます。

動体視力の鍛え方

図のように手前と奥で指を出し素早く交互に10回ずつ見る、上下でも同じく10回ずつ見るといったトレーニングが短時間ででき効果的です。

練習不足

ボールが怖くて避けてしまった、目を瞑ってしまったなど、日ごろ練習の時にしてしまっていることが試合で出てきてしまいます。

練習のうちから、試合を意識して取り組むことが大切ですね。

練習でできたことが、校内の試合でできるように、校内の試合でできることが、練習試合でできるように、練習試合でできることが大会でできるようにしていきましょう。

油断

ソフトテニスに限らずスポーツでは、勝利が見えてくるとどうしても気が緩んでしまいます。最後まで100%の力を出し切れるプレーヤーは強い選手の特徴ですね。

あなたは、マッチポイントまで行ったのに負けてしまったという経験はありませんか?

それは、自分たちの気持ちが途切れてしまった、相手の最後の集中力がすごかった様々な原因があると思います。

それらを一言でいってしまうと油断です。最後まで集中力を切らさずに100%の力を出し切れる選手になりましょう。

さいごに

ボレーでよくあるミスは、ネット、アウト、空振りなどがあります。

せっかくのチャンスボールや勝負を仕掛けたプレーでミスをすることはもったいないことです。

試合でしっかり決めることができるように今回の記事を参考にしてみてください。

ボレーの基本、正面ボレーはこちらで解説しています!

 




読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です