試合に勝つ基本的な考え方

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、試合に勝つ方法をお教えします!

といっても、この記事を読んだからといって試合に勝てるようにはなりません。笑

試合で勝てない選手ほど、この考え方ができていないと思うので、まずこの考え方を理解していきましょう!

それでは、試合に勝つ基本的な考え方のスタートです。

試合に勝つためにイメージトレーニングはこちらで解説しています!

はじめに

あなたは、最近試合で負けましたか?

さてどんな理由で負けたのでしょう?

サーブが入らなかった、レシーブをミスしてしまった、チャンスボールを決めれなかった。いろいろ勝てなかった理由があると思います。

じゃあどうしたら勝てるようになるのでしょうか?考え方はいたってシンプルです。

試合に勝つためには、○○をしよう!

ソフトテニスというスポーツは、点を取ることもできますが、点をもらうことができます!

野球では、ヒットを打ち、ランナーを進めて、さらにヒットを打って点を取ります。

相手からどれだけ三振を奪っても、こちらに点が入ることはありません。

つまり、ソフトテニスは相手がミスをする→こちらに点が入るというミスのスポーツなのです!

それでは、相手に点を与えないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

自分たちがミスをしなければ相手に点を与えることはないですよね?

ソフトテニスで勝つためには、相手より1球でも多く相手のコートに返すことができれば勝てます!

ものすごく当たり前のことを言っていますが、この当たり前のことが多くの選手はできていません。

それでは、もっと掘り下げて考えてみましょう!

相手より1球でも多く返すために

相手のコートに1球でも多く返すと書きましたが、チャンスボールのようにへなちょこなボールを打ってしまってはいけません。

この勝つ方法には、ルールがあります。

  • 相手から攻められないようにすること
  • 自分たちは攻めること

どんなボールがきても、とりあえず相手のコートに返す!相手がミスするまで粘る!

この考え方なら、勝てるのは地区大会くらいまでではないでしょうか。

県大会や地方大会では、選手の実力も高くなります。そう簡単にはミスをしてくれません。

さきほどの2つのことを意識しておかないと勝つのは難しいと思います。

それでは、具体的に相手に攻められないためにはどうしたらよいでしょうか?

後衛がストロークで攻める!

どんなボールですか?サービスラインからのトップ打ち、展開を変える中ロブ、ミドルへの強打などなどたくさんあります。

たいていの場合は、「相手が余裕をもって打つことができる」=「攻めることができる」という関係性があります。

なので相手から攻められないようにするということは、相手にとって余裕を持たせないボールを打つこと、相手にとって嫌なコースを狙うことです。

勝つために後衛がすべきこと

相手にとって嫌なコースを狙うことで、相手に余裕を持たせない。

こちらが攻め続けることができれば、相手から攻められることは少ないです。

攻められないために、ミスなく攻め続けましょう。

勝つために前衛がすべきこと

相手の邪魔をする。

相手の邪魔をするためには、

ポジションに正しく入る

ポジションの解説はこちらで解説しています!

例えば、クロス展開の時に、前衛がストレートに寄りすぎてしまうと、空いているミドルを狙われてしまいます。前衛が正しくポジションを取れると相手は攻めにくくなります。

相手の打つボールを限定させる

あなたが後衛だとしましょう。

ストレートに思いっきり打って前衛に見事ボレーで決められてしまいました。

展開を変えるロブを読まれて、見事スマッシュで決められてしまいました。

もう一度同じコースを打ちますか?打つと答えた方は、メンタルが強いですね笑

ほとんどの人は、少なからず意識してしまいます。その結果、打つコースが限定されてしまいます。

 

まとめ

ソフトテニスで試合に勝つためには、

相手より1球でも多く相手のコートに返すこと

  • 相手から攻められないようにすること
  • 自分たちは攻めること

この考え方を基本として心の中に持っておいてください!

そのために、ストロークのコントロールをあげる、威力をあげる、ボレーを決める、スマッシュを決めるための練習を行うようにしましょう!

試合に勝つのにスーパープレイは必要ありません。

技術だけでは、上手い選手どまり、勝ち続ける選手が強い選手です。

今回の考え方を理解して、どうせなら強い選手になりましょう!

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です