【後衛必見】トップ打ち(トップストローク)のコツと打ち方

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、最も高い打点で打つトップストロークのコツと打ち方について解説をしていきます。

後衛ならば、チャンスボールを一発で決めれるようにトップ打ちのポイントを理解していきましょう。

それでは、【後衛必見】トップ打ち(トップストローク)のコツと打ち方のスタートです。

はじめに

前回の記事、アンダーストロークとサイドストロークでは、打点の高さで打ち方を変えましょうという話でした。

今回は、その続きです!サイドストロークよりも高い打点で威力のあるストロークを打っていきましょうね!

トップストローク

トップストロークは、ビンタをするように打ちます。

といっても暴力は良くないのでちゃんと説明していきますね!笑

打点は、目線の高さで打ち、ラケットの面は縦面で打ちましょう。

縦面といってもラケットヘッドが少し上がるようなイメージで打ってください!ボールに少しだけシュート回転をかけるようにすると安定したトップストロークを打つことができます。

チャンスボールとなると力んでしまいがちですが、力を抜いてリラックスしてから打ちましょう。スマッシュなども同じです。

ソフトテニスは、体全体を使って打つことが多いので無駄な力が入ってしまうとミスにつながりやすいです。

力を入れるのは、インパクトの瞬間だけということを理解していきましょう!

続いて、フォロースルーですが、ラケットは平行に振りぬくようにしましょう。初心者の方は下に振り抜いてしまいがちですが、ドライブ回転がかかるように平行に振りぬきます。

トップストロークのメリット

・攻めのストロークができる

高い打点で打つことができるので、攻めのストロークに向いています。また、打点が高いので前衛は、少なからず恐怖心があります。なのでチャンスボールが来たら、打点を落とさずに打てるのが望ましいです。

・決めると勢いにのることができる

試合の中で、流れが変わるプレーというのは必ずあります。前衛ならばスマッシュ、後衛ならば、トップ打ちといった感じで、チャンスボールをしっかり決めれるというのは、試合の流れを変えることができますので、確実に決めれるようになりましょう。

トップストロークのデメリット

・打つのが難しい

ストロークは打点が高くなればなるほど、安定したボールを打つことが難しくなります。テイクバックを大きくする、平行に振りぬく、力を入れるのはインパクトの瞬間だけを意識してみてください。

・打っていい条件がある

打点が高ければすべて攻めていいと思ってしまうかもしれませんが、すべて攻めるのではありません!余裕をもって打点に入れるとき、サービスライン近くで打つときだけ攻める気持ちをもって打ちましょう。

まとめ

トップストロークのコツ

  1. テイクバックを大きくする
  2. 打点は、目線の高さ
  3. 膝は、少しだけ曲げる
  4. 平行に振りぬく
  5. 力を入れるのはインパクトの瞬間だけ

トップストロークは、打点が高いので攻めのストロークです。決めることができれば勢いにのることができますが、ミスをしてしまえば相手にとってラッキーになってしまいます。

チャンスボールをしっかり決めれるように今回のポイントを意識してみてください。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です