【前衛必見】正しいポジションの取り方

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、前衛のポジションの取り方について解説していきます。

ポジションが半歩ずれるだけで、相手の後衛が打ちやすかったり、打ちにくかったりします。

前衛なら正しいポジションを取れるようにしていきましょう。

それでは、【前衛必見】正しいポジションの取り方のスタートです。

はじめに

さきほど説明したように、ポジションが半歩ずれるだけで相手の後衛に与える印象が変わってきます。

後衛の方に質問です。

広いコースと狭いコースではどちらが打ちやすいですか?

ほとんどの後衛は、広いコースの方が打ちやすいと思います。なので前衛は、立つ場所でコースを狭くしていけばよいのです。

相手がコートが狭く感じるところが正しいポジションということですね!

続いてコースごとのポジションについて解説していきます。

クロスのポジション

 

ミドルのポジション

ストレートのポジション

上記にコース別のポジションを画像で示しました。

ポジションの取り方は、

  1. 相手がどこから打ってくるかで決まる
  2. 基本的には、相手の打てる範囲(ゾーン)の真ん中に立つ
  3. 味方の後衛がいないコースを主にケアする(クロス展開ならストレート)

左右のポジション取りについては以上のように考えてみてください。

正しいポジションに立てていると相手後衛の打点と自分のコートのセンターマークの延長線上に立つことになります。

正しく立てているかは、自分の後衛に見てもらうのがいいですね。

正しいポジションが理解できたら

前衛は、ポジションについて終わりではありません。

相手の後衛との駆け引きをしてボレーやスマッシュを決めなくてはなりません。

なので正しいポジションに立てるようになったら、誘うことを覚えましょう。

画像のようにポジションをセンターよりにすると、相手の後衛はどこに打ってくると思いますか?

素直な後衛なら、空いているストレートを狙ってきます。

ポジションを半歩だけずらして、ストレートに打たせる→それをボレーする

というように、ポジションを使って駆け引きができるようになりましょう!

ポジションは左右だけではない、前後もある

正しいポジションは、左右だけではありません。

相手の打つ体勢で、前後の動きもできるようになりましょう。

例えば、自分の後衛が短いボールを打ったり、相手のチャンスボールになってしまうようなボールを打った時には、前衛は、ネットに近づきましょう。

ネットから離れてしまうと速いボールに対応できない可能性があります。

逆に、自分の後衛が速いボールやいいコースにボールを打ったのであれば、短いロブなどのチャンスボールが上がってくることが多いので少し下がってチャンスボールに備えましょう!

まとめ

前衛のポジションの取り方

  1. 相手がどこから打ってくるかで決まる
  2. 基本的には、相手の打てる範囲(ゾーン)の真ん中に立つ
  3. 味方の後衛がいないコースを主にケアする(クロス展開ならストレート)

正しいポジションにつくことができるようになったら、半歩から1歩ずらして誘うプレーを身につけましょう。

左右だけでなく、自分の後衛のボールの種類によって前後しよう。

皆さんは、強い前衛と聞くとどんなイメージをお持ちですか?

ボレーがうまい、スマッシュがうまい、ポジションがいいなどたくさんあると思います。

私が思う強い前衛は、ボールに触らずに得点をする前衛だと思っています。

ボールに触らずに得点するには、ボールにたくさん触れて得点できるようになりません。矛盾していますね。笑

「あの前衛、どこに打っても取られるー」と思ってもらえたら、ポジションを取ってモーションをするだけで相手がミスしてくれます。そんな前衛になれるといいですね!

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です