弱点を狙え!ダブル後衛との戦い方!

スポンサーリンク



こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、ダブル後衛と戦う際に気を付けるべきことをまとめました。

最近では、ジュニア教育が積極的に行われておりその影響か、ダブル後衛が増えてきました。

ダブル後衛の特徴は、とにかくミスが少ないことと粘り強く拾ってくることです。

弱点を把握してダブル後衛に勝てるようにしていきましょう。

それでは、弱点を狙え!ダブル後衛との戦い方!のスタートです。

あなたの欲しいがきっと見つかる!取扱商品40,000点以上!詳しくは下記ページへGO


はじめに

あなたは、ダブル後衛に対してどんな印象をお持ちですか?

「ダブル後衛とは、戦いたくないな」という言葉をよく聞きます。

しかし、ダブル後衛の弱点を知り、それを利用することで簡単に勝てるようになります。

今回は、その方法を紹介していきます。

ダブル後衛の弱点とは

 

全てのコートに打たれる

ダブル後衛には、前衛がいません。

前衛がいれば前衛に取られないようにコースを狙って打ちますがダブル後衛が相手の場合は、どのコースでも打つことができます。

2人でどの球種にも対応していかなくてはなりません。

前衛がいれば、駆け引きをして打つコースを限定させることができますが、ダブル後衛ではそれができません。シュートボールから短いツイストまで粘り強く拾っていくしかできないのです。

得点力がない

ダブル後衛の最大の武器は、徹底的な守備力です。

相手の前衛にボレーやスマッシュを打たれても高確率でフォローをすることができます。

しかしながら、得点をとるための前衛がいません。

守備に重点を置いているので、その分雁行陣よりも得点力が低くなってしまいます。

 

ダブル後衛の弱点を狙おう

1. 下手な後衛を狙おう

相手の実力を観察して、弱いほうの後衛を狙うようにしていきましょう。

本来、ダブル後衛ならば打つ回数が半分になるのに対して、この戦法を使うと片方が多く打つことになります。

狙われている後衛は、多く打つのでそのぶんミスする確率が増えます。

狙われていない後衛は、自分の方にボールが飛んでこないので集中力が切れてしまいミスしてくれます。

こうなったら相手が勝手に自滅してくれます。

しかし、これはそんなに強くないダブル後衛の倒し方です。

上手なダブル後衛と戦うときには、そもそもどちらも上手な後衛だと思います。

次に強いダブル後衛の倒し方について解説していきます。

2. センターを狙う

センターを狙っていきましょう。

ダブル後衛としてもセンターはどちらが取るかあらかじめ決めているでしょう。

それでもセンターを狙いましょう。

もし片方の後衛を狙うと、、、

相手の後衛が打てる範囲は広いです。

これでは、前衛が勝負するには、一苦労してしまうでしょう。

 

もしセンターを狙うと、、、

クロスに打つことに対して後衛が打てる範囲は狭くなってしまいます。

これだと前衛は駆け引きを仕掛けやすくなります。

また、後衛がセンターに寄っているのでオープンコートも広くなるため決めやすくなります。

 

 

以上のことからダブル後衛を相手にするときは、センターを狙うのが適切であるといえるでしょう。

・前衛へのアドバイス

前衛のポジションは、センターの場合は、自身もセンターに寄りましょう。

相手は、前衛に取られたくない心理が働くので大胆にポジションをとっていきましょうね。

・後衛へのアドバイス

シュートボールのコントロールに自信がある場合は、センターを狙いながら少しずらしていきましょう。

基本はフォア側が打つことが多いですが、少しバック側の選手の近くに打つことで相手を迷わせることができます。

また、たまにクロスや逆クロスに思いっきりシュートボールを打ちましょう。

センターに意識が集中しているので反応が遅れてしまいます。良いボールが打てれば一発で決まることもあります。

まとめ

ダブル後衛の弱点

  • コートすべてに打たれる
  • 得点力が低い

ダブル後衛の弱点を狙おう

  • 弱い後衛を狙おう
  • センターを狙おう

さいごに

いかがでしたでしょうか?

確かにダブル後衛は守備力が高く、長期戦になってしまうので厄介な相手ですが、しっかり弱点を狙うことで勝つことができます。

ダブル後衛と戦うときがきたらこの記事を思い出してください。

 

コントロールを上げたいなら、乱打をしよう!いろいろなバリエーションの乱打はこちらから!

ダブル後衛の戦略の立て方はこちらから!

 

かっこいい、かわいいアイテムでモチベーションアップ!やる気を引き出そう!


 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です