【前衛必見】ボレーの基本を身につけよう~バックボレー編~

スポンサーリンク


こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。

今回は、前衛の基本であるバックボレーについて解説していきます。

それでは、【前衛必見】ボレーの基本を身につけよう~バックボレー編~のスタートです。

はじめに

バックボレーはバックハンドストローク同様に苦手意識を持っている方が多いと思います。

基本をしっかり身につけて試合で得点できるようにしていきましょう。

*この記事では、右利きを想定しています。左利きの方は、逆の手足で考えてください。

ラケットは両手で持つ

ボレーをするときの構えですが、ラケットを片手で持ってしまうと利き手に力が入ってしまいラケットの操作が遅れてしまいます。

そのため、タメのない当てただけのボレーになってしまいます。

利き手はグリップを持ち、利き手じゃない手はいちょうの部分を持ちましょう。

構えているときは、グリップを優しく握りましょう。

 

左手でラケットを操作する

ラケットを動かすときも片手で操作しないようにしましょう。無駄な力が入ってしまいボールに届かなくなってしまいます。

基本的な構え方は、グリップ、左ひじ、体の面、右ひじを頂点にした五角形になるようにしましょう。
左手で引きながら構えることで肩が入り威力のあるボレーを打つことができます。

 

左足でためる

ステップの仕方は、右足→左足→右足です。このときの左足に注目しましょう。

この左足を踏み込むときに、体重をのせましょう。体重をのせるのが難しい場合は、左足のひざをを曲げるように意識してみてください。

上半身だけの力でボレーをすると当てただけのボレーになってしまいます。

上半身の力だけでもラケットを振ることで威力のあるボレーを打つことができますが、当たるのが早すぎるとネットしてしまい、遅すぎるとアウトやチップをしてしまいます。

ボレーは、身体全体の力を使って打ちましょう。ミスも少なくなり、威力のあるボレーを打つことができます。

足の向きは、ネットに対して平行になるように心がけてください。横に踏み込むことで自然と肩が入りボレーが安定します。

 

打点は、右肩と右ひじの延長線上

バックボレーはフォアボレーよりも前で打つように心がけましょう。

バックボレーでは、横を向いたときに利き手が前に来るので打点が後ろになってしまう、振り遅れてしまうとミスをする可能性があります。

 

インパクトは横面

バックボレーは、横面で打つようにしましょう。

バックボレーは利き手と逆側(右利きなら左側、左利きなら右側)にボールが飛んできます。

縦面でボレーをすると遠くのボールが取れないので、横面で打つようにしましょう。

 

ラケットは振らない、グッと握るだけ

ラケットを振ってしまうとミスにつながってしまいます。ボレーは下半身で打つイメージをしてください。

ラケットの操作は、左手で引いて曲がった右ひじをグリップを握りながら伸ばすだけです。それじゃ威力が出ないよという方は、下半身がうまく使えていません。

左足でためた力をボールにぶつける感じでボレーをしましょう。

バックボレーは、フォアボレーに比べて面が安定しません。なので、インパクトの時に親指に力を入れるようにしましょう。バックカットをかけるようなイメージで握ってください。実際にはカットがかかるような面にはならないでネットと平行な面になります。

 

打ち終わったらラケットの面を打ちたいコースに残す

ラケットを振ってしまうと打ちたいコースにラケット面を残せないです。ラケットを振らないという意識付けにもなりますので、練習の中で、打ちたいコースに面を残すことを意識してみてください。

 

まとめ

  1. ラケットは両手で持つ
  2. 左手でラケットを操作する
  3. 左足でためる
  4. 打点は、右肩と右ひじの延長線上
  5. インパクトは横面
  6. ラケットは振らない、グッと握るだけ
  7. 打ち終わったらラケットの面を打ちたいコースに残す

バックボレーはフォアボレーに比べて苦手意識を持っている方が多いと思いますが、試合になれば取らなくてはならない場面も多々あります。

取れないと諦めるか、当てて返すだけか、かっこよく決めるかどれがいいですか?

いきなり全てのことを意識して、練習に取り組んでもできるようにはなりません。

ひとつずつ確実にできるようになりましょう。

正面ボレーの基本はこちらから!

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございます!よかったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です